美容室 ゆっくりと時間を忘れ過ごしてもらいたい 受付け時間 平日11:00~20:00  日・祝11:00~19:00 TEL0942-27-9686


by pinps
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

参考までに

本日も良い天気となりましたね。
今年の夏も暑そうな気がしますね。(夏は暑いものですが。)
汗も良くかく季節です。
本日は、ちょっと髪の洗い方について書こうかと!参考までに!

シャンプーは朝ではなく夜おこなった方がいいです。しかも、夜、入浴時にシャンプーした方が良いです。(昼間多少なりとも汗をかくので、その汗が固まり毛根を塞いでしまうので、その日の汚れは、その日のうちに洗い落とすということです)
朝シャンの場合、出勤や通学時間に追われる方がいらっしゃるので充分にシャンプーする時間がないからです。
豆知識的に覚えていた方がいいと思います。

まず、予洗いです。お湯で良く洗うのですが、この時の温度は微温湯が良く、冷たいと毛穴も締まり汚れも落ちにくいし、熱過ぎるお湯は、必要な皮脂まで落としてしまいます。

洗う前にしっかりと微温湯で洗うことで水溶性の汚れを良く落とします。流したらシャンプーに入ります。

全体に良く泡立てて洗うわけですが、このときは頭皮を洗う感じで指の腹を使いもみこむ様に洗います。かゆいからと頭皮に爪を立てたりゴシゴシは厳禁です。
*女性の方で下を向いたままシャンプーをなされる方がいますが絶対止めてください。下を向いて洗うと逆毛になります。キューティクルの損傷を招きますので上を向いて洗うようにしましょう。

洗い終えたら次は、シャワーで流すわけですが、髪の毛の洗い方で一番重要なのがこのすすぎです。いくら汚れを浮かしても正しく洗い流せてなければ、また汚れがついてしまいます。

十分に流したら、(リンス・トリートメント・コンディショナー)たっぷりと根元からつけるなんて事はしないでください。必要な部分に必要なだけが良いのです。特別なものを除いて、頭皮には百害あって一利なしです。

傷んだ部分を中心につけるのが正解です。その部分とは大抵は毛先や顔周りなど表面の部分です。つけたあと、時間を置くとかホットタオルでターバンして蒸らすなどして浸透を高めるのも効果的です。

流し方ですが、これも正しいやり方としては良く流しましょう。えっ流したらもったいない、せっかくの栄養がなくなっちゃう。と思う人もいるでしょうが実は反対です。

リンスやトリートメントは、濡れた髪には電気的にくっつくので流しても必要な量は残るのです。残りすぎは、べたつきや頭皮の炎症など問題を起こします。

ですから、良くすすいで下さい。

少しは参考になりましたか??

PINPS HAIR
 Call 0942-27-9686
[PR]
by pinps | 2011-06-23 12:35